2012年10月12日

住宅ローンの 借り換え 〜金利


金利 が今は 微々たるものですので、
お金を預けている人には
あまり嬉しくないのですが、
お金を借りる人にとっては 今の低金利ありがたいですね。

金利が下がったときには 住宅ローンも見直してみましょう。


現在より高い金利住宅ローンを組んだ人は
住宅ローンの借り換えを検討してみるといいですね。


ただ、 借り換えれば、必ずお得になるというわけではありません。

まずは、住宅ローン借り換えに必要な費用を忘れずに計算しましょう。


住宅ローンを初めて組んだとき、

保証料
登記費用
抵当権設定費用
事務手数料等の費用

がかかりました。

ということは住宅ローンを借り換える際も、
これらの費用が新たに発生します。


具体的な額は借入金額、返済期間などによって変動していきますので
これらの費用も含めて お得になるか トータルで 計算する必要があります。


また 住宅ローンの借り換えには制限があり、

民間融資から公的融資
公的融資から公的融資

これらは 借り換えができません。


民間金融機関同士であれば、住宅ローンの借り換えに対して全く制約はありません。



また借り換えによって

・返済額を増やせば更に返済期間を短縮できる
・一部繰り上げ返済を活用すれば 
 返済期間に加え、総返済額を更に削減することもできます。



住宅ローンについては 直接銀行 住宅ローン担当者に相談して 計算してもらいましょう。
風水秘伝金運アップ法
posted by 金利検証のプロ at 19:28| 住宅ローン金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

住宅ローン金利について知りたい

住居目的に

制限される融資のことを。住宅ローンといいます。住宅ローンは

他の融資に比べて融資額が巨額(数百万〜億円単位)と

なることから、償還期限が30年前後のように長期にわたるので、
住宅ローン金利は低く抑えられるのが特徴と

なっています。



住宅ローンは

返済が30年前後などの長期にわたるので、万一貸し倒れに

なった場合を考え、団体生命保険への加入や、土地、建物への

抵当権を設定したりなどの条件が設定されている場合がほとんど

になります。



一般に利用される

元利均等返済の場合は返済初期の金利負担が大きくなっている

ようです。

そのために、元金を減らす方法として、資金に余裕を持たせて

増額返済により元金を減らす人も少なくありません。



住宅ローン金利 

固定金利と変動金利があります。

住宅ローン金利・固定金利型

済期間や選択期間内は、適用金利が一定です。つまり、適用金利

が変わらない住宅ローンです



住宅ローン金利・変動金利型

半年毎に適用金利が見直見直されます。返済期間は常に適用金利

が一定ではなく、そのときごとの金利水準に連動する住宅ローン

です。



住宅ローンの

パンフレット上では固定金利と変動金利が用意されているよう

ですが、実際には固定金利では融資してもらえない場合も多い

ようです。

さらに変動金利にあっては、長期プライムレート(*1)に連動

する場合も多いようです。



(*1 )長期プライムレートとは

長期貸し出し金利の基準となる金利。民間金融機関が、企業に

対して資金を1年以上貸付けるときの最優遇貸出金利(プライム

レート)のこと。

長プラという言い方もする。以前、金融機関は長期プライム

レートにもとづいて長期貸付を行っていたが、現在は短期

プライムレートを基準に一定の利率を上乗せする「新長期

プライムレート」の方式を導入していることが多い。

引用サイト http://www.kabu-load.net/name_t/long-term_prime_rate/
posted by 金利検証のプロ at 13:08 | TrackBack(0) | 住宅ローン金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

住宅ローン金利について

住居目的に

制限される融資のことを。住宅ローンといいます。住宅ローンは

他の融資に比べて融資額が巨額(数百万〜億円単位)と

なることから、償還期限が30年前後のように長期にわたるので、
住宅ローン金利は低く抑えられるのが特徴と

なっています。



住宅ローンは

返済が30年前後などの長期にわたるので、万一貸し倒れに

なった場合を考え、団体生命保険への加入や、土地、建物への

抵当権を設定したりなどの条件が設定されている場合がほとんど

になります。



一般に利用される

元利均等返済の場合は返済初期の金利負担が大きくなっている

ようです。

そのために、元金を減らす方法として、資金に余裕を持たせて

増額返済により元金を減らす人も少なくありません。



住宅ローン金利 

固定金利と変動金利があります。

住宅ローン金利・固定金利型

済期間や選択期間内は、適用金利が一定です。つまり、適用金利

が変わらない住宅ローンです



住宅ローン金利・変動金利型

半年毎に適用金利が見直見直されます。返済期間は常に適用金利

が一定ではなく、そのときごとの金利水準に連動する住宅ローン

です。



住宅ローンの

パンフレット上では固定金利と変動金利が用意されているよう

ですが、実際には固定金利では融資してもらえない場合も多い

ようです。

さらに変動金利にあっては、長期プライムレート(*1)に連動

する場合も多いようです。



(*1 )長期プライムレートとは

長期貸し出し金利の基準となる金利。民間金融機関が、企業に

対して資金を1年以上貸付けるときの最優遇貸出金利(プライム

レート)のこと。

長プラという言い方もする。以前、金融機関は長期プライム

レートにもとづいて長期貸付を行っていたが、現在は短期

プライムレートを基準に一定の利率を上乗せする「新長期

プライムレート」の方式を導入していることが多い。

引用サイト http://www.kabu-load.net/name_t/long-term_prime_rate/
posted by 金利検証のプロ at 19:21 | TrackBack(0) | 住宅ローン金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
注目のニュース - gooニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。