2009年04月07日

政策金利について

中央銀行

(国家や、国家連合、国家的地域、事実上独立している地域など

の金融機構の中核となる機関)が、一般の銀行(市中銀行)に

融資する際の金利のことを政策金利といいます。





政策金利


は中央銀行の金融政策によって決められます。



中央銀行によって

決められる政策金利により、

景気がよいときには給料が上がり金回りが良くなる傾向にある

ので預貯金やローンの金利を上げ、通貨の流通が抑えられる

傾向にあります。反対に景気が悪いときには給料が下がり

金回りが悪くなるため、金利を低く設定して、通貨が流用しや

すくなるようです。



どちらの

状態にあっても望ましくないので

政府は、どちらにも片寄らないように政策金利
を調節します。



よく耳にする

公定歩合は政策金利ではありません。

公定歩合とは、短期金融市場の金利の上限の役割を果たして

います。

現在の日本の政策金利は、無担保コール翌日物
となっています。



日本では「無担保コール翌日物」

米国では「FFレート」

ユーロ圏では「主要ファイナンシング・オペレート」

イギリスでは「レポ金利」

と呼ばれるものがそれにあたリます。
posted by 金利検証のプロ at 17:15 | TrackBack(0) | 政策金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
注目のニュース - gooニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。